parts_3.png

Interview

先輩社員へのインタビュー

parts_3.png

第一設計室

石井 努

Ishii Tsutomu

2002年入社

構想から図面、設計、組立て、テストまで

一連のプロセスに関っていく仕事。

日々、新しい気づきや発見があるのも魅力。

toukai-068.JPG

現在の仕事内容は?

主に畳製造機の機械設計を行っています。現行機械の改良・変更から新型機械の開発、特注機械の設計など、さまざまな案件に携わっています。設計だけでなく、構想から計画図や部品図の作成、試作部品の組み付けからテストまで、一連のプロセスに関わることができます。時には機械の据え付けに同行し、直接お客様に会って要望をお伺いすることもあります。

この仕事のやりがいは?

設計室に配属となった当初は、先輩スタッフにサポートをしてもらいながら、図面を描く練習や装置の一部の計画図を作成することからはじめました。経験を積んでいくうちに、難しい案件にも携わることができるようになり、やりがいとともに責任も感じながら日々業務を行っています。畳製造機とひとことに言っても「縫着」「切断」「熱圧着」などさまざまな種類の装置が組み込まれ、常に改良が求められます。現状にとどまることなく、日々新しい気づきや発見があることも魅力です。

入社したきっかけは?

大学で機械工学を学び、就職説明会に足を運んだのがきっかけです。畳の製造機メーカーという立場から、「畳」という日本の伝統文化を守っていこうという企業姿勢に魅力を感じました。

“東海機器”らしさとは何ですか?

畳関連商品・畳製造機メーカー、また消毒・洗浄システムのトータルプランナーという、まったく異なる2つの分野の事業を通じて、国内外の多くのお客様にさまざまな製品・サービスを提案しています。ゆえに異なる部署同士が垣根を越えて助け合い、刺激し合いながら仕事を進めていけるところだと思います。