parts_3.png

Company

会社概要

parts_3.png

History

会社沿革

parts_3.png

GREETING

代表挨拶

東海機器工業株式会社は、1959年に創業 日本文化の象徴“畳“と日本の将来“医療福祉“を支える機械メーカーでございます。両分野共に国内トップシェアを誇り、業界に先駆けてアジア圏を中心とする海外展開にも積極的に挑戦をするグローバル企業です。本社はものづくり王国 愛知県に位置し、愛知を支える優れた企業のみに贈られる“愛知ブランド企業“に初回認定企業として選ばれております。当社が長年培ってきた技術に満足することなく、今後とも常に挑戦を続けていき、よりユニークな製品作りを通して、産業界ならびに地域に貢献してまいる所存です。

取締役社長 内藤 大嗣

toukai-042_edited.jpg
 

会社名

東海機器工業株式会社

会社所在地

〒485-0051 愛知県小牧市下小針中島1丁目150-1

TEL:0568-68-7111(代)    FAX:0568-68-7011

TEL:0568-68-7110(部品専用) FAX:0568-68-7012(部品専用)

営業所

■東北営業所

〒983-0024 宮城県仙台市宮城野区鶴巻2-2-1

TEL:022-349-4577   FAX:022-349-4578

■東京営業所

〒338-0823 埼玉県さいたま市桜区栄和1-4-7

TEL:048-855-6031   FAX:048-855-6157

■本社営業所

〒485-0051 愛知県小牧市下小針中島1丁目150-1

TEL:0568-68-7111(代)FAX:0568-68-7011

■大阪営業所

〒569-0034 大阪府高槻市大塚町1-23-3

TEL:0568-68-7111   FAX:0568-68-7011

■中国営業所

〒738-0025 広島県廿日市市平良2-10-5

TEL:0829-34-0101   FAX:0829-34-0102

■九州営業所

〒816-0912 福岡県大野城市御笠川4-13-12

TEL:092-503-2502   FAX:092-503-2504

代表取締役会長

内藤誠治

代表取締役社長

内藤大嗣

役員

取締役  長瀬雅利

千葉修司

執行役員 上田朋宏

築地祐子

岡本聖史

奥村元洋

顧 問  国枝孝行

監査役  杉山 央(税理士)

設立

昭和34年 9月 15日

資本金

6,000万円

従業員数

60名

事業内容

畳製造機械の製造及び販売・畳製品の製造及び販売・福祉機械の製造及び販売

販売

全国特約販売店200社

海外/中国、台湾、韓国、米国、欧州

ローン提携/オリックス(株)、三菱電機クレジット(株)

取引銀行

(株)愛知銀行、(株)みずほ銀行、(株)百十四銀行、(株)大垣共立銀行、日本政策金融公庫

主な取引先

パラマウントベッド(株)・フランスベッド(株)・フマキラートータルシステム(株)

大建工業(株)・NTN(株)・積水化成工業(株)・洲本整備製作所・明城製作所

黒田工業(株)・(株)東亜ミシン針工業・兼房(株)・星電気(株)

ダイドー(株)・(株)フタバ化学・豊田通商(株)・(株)マキタ・石塚硝子(株)

富士電機(株)・六合エレメック(株)・妹尾塗装工業(株)・不二精工(株)

東芝産業機器システム(株)・(株)加藤鉄工バーナー製作所・鍋屋バイテック(株)

 
 

1959年(昭和34年)

社長 木村日出雄 名古屋市西区 太田式製畳機(株)東京支配人経て、創立する、東京営業所開設

1960年(昭和35年)

本社工場建設

1969年(昭和44年)

九州営業所開設

1970年(昭和45年)

東北営業所開設

1971年(昭和46年)

大阪営業所開設

1974年(昭和49年)

組立工場完成

1979年(昭和54年)

本社ビル完成

1982年(昭和57年)

中国営業所開設

1990年(平成 2年)

創業者 木村日出雄 代表取締役会長就任、内藤誠治 代表取締役社長就任

2000年(平成12年)

ISO9001認証

2002年(平成14年)

ISO9001 2000版移行

2003年(平成15年)

医療用具製造業 認可

2006年(平成18年)

管理医療機販売業 許可(愛知県)

2008年(平成20年)

第3種医療機器製造販売業、医療機器製造業許可、 ISO9001 2008版移行

2017年(平成29年)

ISO9001 2015版移行

2018年(平成30年)

内藤誠治 代表取締役会長就任、内藤大嗣 取締役社長就任

sdg_icon_wheel_3-1.png

東海機器工業株式会社 SDGs宣言

 

当社は国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し

積極的な取組みを通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります

2022年5月1日

東海機器工業株式会社

代表取締役 内藤大嗣

SDGsへの取組

お客さまの喜びが第一

トップシェア企業として、多種多様なニーズに積極的に挑戦することで業界をリードし、お客さまの生産性向上と環境負荷削減に貢献します。

主な取組み

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
  • ISO9001に基づく継続的な品質管理体制の構築

  • 要望に即した高機能・高付加価値な製品の提供

  • 品質の向上により生産性向上・廃棄率削減に貢献

  • 省エネ脱カーボン機械により環境負荷削減に貢献

大切な人財

社員とその家族の幸福を願い、一人ひとりが明るく前向きに成長できやりがい・働きがいの持てる環境づくりを目指します。

主な取組み

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
  • 役割に応じた研修制度と表彰制度

  • 会社負担による各種資格の取得支援

  • グローバルでジェンダーレスな活躍の場を提供

  • 各種ハラスメント防止の徹底

環境配慮

環境に配慮したモノづくりに挑戦し、安心・安全な機械を提供することにより持続可能な地球環境の保全に貢献します。

主な取組み

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
  • DX推進により生産性を向上

  • 資源の再利用や長期利用による3Rの推進

  • 新技術搭載による省エネ節水の機械開発

  • 脱カーボンの機械開発によるCO2削減

グローバルな社会貢献

日本の循環型産業(畳・福祉用具レンタル)を技術で支え、日本の伝統文化と高齢化先進国の仕組みを世界へ拡げ、社会へ貢献します。

主な取組み

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
  • 全国の被災地への支援(防災協定の支援)

  • 国内産業の活性化

  • 業界の次世代を担う人材育成

  • 感染対策、衛生管理の教育・訓練の実施

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388_2020-12-04_6.32.40.png
 
parts_3.png

Aichi Quality

愛知ブランド認定企業

東海機器工業株式会社は 「愛知ブランド認定企業」 です

東海機器工業株式会社,Aichi Quality,愛知ブランド

愛知ブランド企業とは

ものづくり王国と言われる愛知県では、県内製造業の実力を国内外に広くアピールし、愛知のものづくりを世界的ブランドへと展開するため、優れたものづくり企業を「愛知ブランド企業」として認定しております。

愛知ブランド企業認定基準

本事業で認定する「愛知ブランド企業」の条件は、次の5項目から構成されております。

1

理念、経営トップのリーダーシップ

2

人の活性化と業務プロセスの効率化、革新

3

コア・コンピタンス(独自の強み)

4

顧客との関連性の質、深度を高める顧客価値構築

5

社会、環境への配慮

認定基準は「優れた理念、トップのリーダーシップのもと、業務プロセスの革新を進め、独自の強みを発揮し、環境に配慮しつつ、顧客起点のブランド価値等の構築による顧客価値を形成している製造企業」です。独自の強み(コア・コンピタンス)とは他社には提供できないような利益を顧客にもたらすことができる企業内部に秘められた独自の能力やスキルを意味します。「顧客起点のブランド価値等の構築による顧客価値の形成」とは、顧客の望む製品やサービスをいかに提供していくのかという「顧客起点」の経営を行っていること、とりわけ「顧客との関係性」において、商品価値、ブランド価値、顧客維持価値、パートナー関係価値といった「顧客価値」を高めることを経営戦略として行っていることだと考えております。以上のような「愛知ブランド」の条件のもと、企業認定を行なうことにより、愛知県の製造業に内在するバリュー、すなわち集積のコア・コンピタンス(独自の強み)の探求を進め、本県製造業の集積のブランド・エッセンスとして、広く情報発信することにより、本県の産業活力を維持し、国際競争力を高めてまいりたいと考えております。