parts_3.png

Interview

先輩社員へのインタビュー

parts_3.png

東京営業所

小林 宏徳

Kobayashi Hironori

2017年入社

いつでも、どんな時でも​

お客様が困っていたら親身になって取り組みます。

現在の仕事内容は?

定期的にお客様である畳店を訪問し、営業活動を行っています。機械や製品を販売するだけではなく、お客様の話を聞いたり、現場を直接見たりして、いち早く問題を見つけ出し、お客様と相談しながら解決していきます。お客様の問題点や困りごとはさまざまです。ハード面(機械設備等)、ソフト面 (商材や経営面)、あらゆる角度からお客様と向き合います。もちろん機械の設置や修理、アフターメンテナンスにも対応します。どんなことでも挑戦する、そんな仕事です。 

この仕事のやりがいは?

お客様の要望に合わせて提案し、問題解決でき、「ありがとう」の言葉をいただけた時は、営業の仕事をしていて良かったなと感じます。私は仙台出身で、研修で東京営業所に来て、そのまま配属となり、関東地域担当となりました。そのため、幅広い地域のお客様との交流ができています。「職人」という職業の方々をとても尊敬していて、いろいろな話を聞かせてもらえるのも成長の糧になっています。

入社したきっかけは?

実は以前、地元で畳職人をしていました。しかし訳あって畳職人を辞めようと思っていた矢先に、当社の東北営業所スタッフが機械の修理に来て、私を誘ってくれたのがきっかけです。スタッフの人柄も良く、機械を使っている側から、機械を販売する側へ代わるのもやりがいを感じられるかもと考えました。

営業マンとして重要なことは何ですか?

いつでも、どんな時でも、お客様が困っていたら親身になって取り組むこと。売りっぱなしではいけません。私は畳職人の経験も持っているので、お客様の作業工程での困りごとなどもより具体的に把握し、解決することができます。機械を販売するだけでなく、お客様に寄り添っていくことが大切です。

“東海機器”らしさとは何ですか?

なんといっても働きやすい環境です。上司と部下、各部署の風通しが良く、同じ目標・目的に向かって、互いに全力を尽くし、助け合いながら働けることです。