全自動反転式平刺機

ロボオート6B型

型式:HM-6B / 薄畳対応:13mm

上前定規合わせだけで平刺全工程を自動運転

ロボオート6B型
カラー液晶タッチパネル搭載
カラー液晶タッチパネル搭載
press to zoom
尺貫法の画面
尺貫法の画面
press to zoom
メートル法の画面
メートル法の画面
press to zoom
幅指スケール3
幅指スケール3
press to zoom
畳屋さんPro/割付画面→Non-Line対応機械へ送信
畳屋さんPro/割付画面→Non-Line対応機械へ送信
press to zoom

簡単

ロボオートとロボエース(全自動反転式返縫機)の組み合わせにより、2台1人で1日約120畳の生産が可能。ロボオート下前縫着時に上前縁折・スミ止処理、ロボエース上前縫着時に下前縁折・スミ止処理を行うことで作業時間の無駄がありません。

便利

自動巾落とし機能が付いているので、新畳製作時 巾狭の畳も上前平刺終了後、下前側を自動で巾落としを行い縫着を開始します。

縁無畳の床を製作する場合、巾落としモードを使用することで上前・下前の床裁断を畳データに従って自動で行うことができます。

綺麗

表裁断刃に八角刃を使用し、八角刃の回転方向を選択することで表替え時の切れあじがさらによくなりました。また、表切刃の回転速度がアップし、表の切れあじも良くなりました。

縁の張り具合を圧力計で簡単に調整ができキレイな仕上がりです。

常に最高の操作性を追求

カラー液晶タッチパネル

数字はミリ単位まで入力が可能

  • ミリで寸法入力が出来ることで、今後の業界を担う若い人や尺寸法に慣れていない人も分かりやすく、一から尺貫法を覚えるより早く作業をすることができ、労働力の安定を図ることができます。

  • 実寸法で採寸・入力・製作をメートル・ミリ表記することで地域ごとに異なる基準値からの読み間違いを防ぎ、誰が寸法を見て畳を作っても同じ数字に仕上げることができます。

特長

  • 上前定規を合わせれば、上前縫着~反転~下前自動設定~下前縫着~縁・縁下紙・縫着糸・切断の連続自動運転を行います。

  • 床の厚みに対応する変更が数値入力で簡単になり、厚みを入力することでミシンの高さ調整が不要です。

  • カラー表示で数字も見やすい液晶タッチパネルはミリでの寸法入力にも対応しており、尺貫法に慣れていない方でも分かりやすくなっています。

  • 表替えに最適な幅指スケール3型、ICカード、Non-Line(自動寸法入力システム)に対応しています。

Non-Lineシステム

  • データを一元管理するので人的ミスが減り、自動ステップなど操作簡略化で生産性・作業効率がUPします。

  • 光ケーブル等の通信システムと比べてローコストで、機械レイアウトも自由。段取りの変更も簡単にできます。

ミニロボシステム

  • 小スペースでも生産枚数を効率的に確保

  • 省人・省力のモデルシステム:(生産能力:1日8時間=80畳 / スペース:11m×5m=55㎡ / 人員:2名)

追加オプション 幅指スケール3

  • 表替えに便利!

  • 誰にでも簡単に測定ができ表替え作業が楽々。

  • 300畳まで入力でき、入力済みのデータチェックも可能。

  • コードレスのため足元や作業の邪魔になりません。また、本体から離れた場所でも測定できます。

  • 寸法入力は2点~5点まで自由に選択できます。

  • データ転送は数ⅿ離れた場所からいつでもできます。

仕 様(2019年3月現在)

用 途

全自動反転式平刺機

型 式

HM-6B

長 さ

3,600mm

1,800mm

高 さ

2,000mm

畳台高さ

750mm

重 量

860kg

モーター

200W(ミシン)/ 400W×2(送り用・揺動刃用)/ 60W×2(八角刃用・下前定規用)

40W×2(曲取用・揺動刃移動用)/ 15W(ミシン上下用)

電 源

三相200V 50/60㎐

必要な電源

三相10A

ミシン回転数

毎分70回

縫い方式

1本糸環縫い

縫いピッチ

15mm~30mm

縫着可能範囲

長さ:2尺4寸~6尺6寸  幅:2尺4寸~3尺3寸  厚さ:13mm~60mm

※機械の外観・仕様につきましては、改良のため一部変更となる場合がありますのでご了承ください。